KAZOKU次世代に笑顔を届ける Marketing System Created Next Smile

KAZOKU

コンプライアンス基本方針

JCPA_ConplianceMark 企業が社会の信頼を得るためには、経営者および社員一人ひとりが、社会人としての自覚のもとに高い倫理観に従って行動することが必要です。
私たちは、コンプライアンスの遵守は、経営の存続に欠かせない重要な目標と捉え、社会的な倫理の遵守のうえに組織の意思決定を行い、事業活動を展開していきます。
一人ひとりが日常の活動をあらためて振り返り、正しい意思決定や行動を行なうよう、コンプライアンス精神の浸透に努め、信頼される企業を目指してまいります。
1.お客さまに対して お客さまの豊かな生活のために、安全で、満足を得られるサービス・商品の提供に努めます。
2.地域・社会・環境に対して よりよい社会の形成に貢献するために、地域社会との協調・連携に努めるとともに、環境への負荷軽減に努めます。
3.取引先に対して 相互の繁栄のために、合理的な商習慣に則った、公正・透明な取引に努めます。
4.従業員に対して 従業員が安心して意欲的に働くことができるために、個人の尊重と、良好な職場環境の維持・向上に努めます。
5.法令及び会社規則の遵守に対して 当社の事業及び遂行する業務に関する法令、定款を遵守します。当コンプライアンス方針、当社が定めたルール、規程、マニュアル、手順や通達等を理解し、これらを遵守し行動します。
6.コンプライアンス教育について 当社は、役員および従業員全員に対してコンプライアンスに関する教育を定期的に行い、その浸透を図り、質の高い企業活動を実践します。
7.コンプライアンス体制について 当社は、役員および従業員全員によるコンプライアンス体制を確立し、コンプライアンス活動を継続、推進します。
8.継続的改善活動に対して 当社は、社会的・経済的環境の変化やお客様のニーズの変化に合わせて、コンプライアンス活動を継続的に見直し、改善し、さらなる向上に努めます。
9.プライバシー保護に対して 私たちは、個々のプライバシーを尊重し、かつ侵害することのないように、細心の注意を払います。
10.公正な取引について 私たちは、公正な市場競争を通じて、お客様を始め、全ての取引先に信頼される取引をします。
11.守秘義務について 私たちは、携わる産業における守秘の重要性を自覚し、守秘すべき情報は外部に漏れることのないように厳重に管理します。

平成28年4月26日制定

株式会社KAZOKU

代表取締役社長  鹿 智之